これって楽しいことらしい


トライアスロンって楽しいよ、とトライアスリートに言われ真に受けた私。ホントカイ。真実を探る旅、開始!
by trineko710
カテゴリ
最新の記事
お空の子
at 2017-10-07 23:19
猫またぎな母の味
at 2012-08-10 01:38
チャンネル争い
at 2012-08-07 00:35
ビフォアーアフター
at 2012-08-05 22:10
小顔報告
at 2012-07-31 23:40
三千里な旅
at 2012-07-29 23:12
明るい色
at 2012-07-28 22:56
新種の動物
at 2012-07-27 00:41
喜びの声
at 2012-07-24 00:09
応援団
at 2012-07-22 02:17
がんばったにゃん
at 2012-07-20 00:17
五輪の奇跡
at 2012-07-19 01:02
おしゃべりなにゃん
at 2012-07-17 00:22
お久しぶりです。
at 2012-07-14 21:36
2月22日
at 2012-02-22 23:18
床男
at 2011-11-14 23:45
棚男
at 2011-10-24 23:52
丸隅
at 2011-10-13 02:56
sad face sad day
at 2011-10-07 00:38
一面
at 2011-07-19 17:00
以前の記事
外部リンク
外部リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2010年 09月 10日 ( 1 )


新たな悩み

今日、常滑に出る友人が、ホームページに新しいウェットスーツ規則が載っていると教えてくれた。

2010年9月1日からアイアンマンとアイアンマン70.3のスイム時に着用できるウェアの規定が変わり、水温が24.5度より高い場合は、すべて織物で肩・膝を覆わない水着(ジッパー付き可)になった。つまり新たな規定によると、この水温を超えると、ウェットはおろかラバー素材の水着も、足首までの水着もだめなわけだ。

水温が24.5度以下の場合はウェットスーツ着用可。24.5度より高く28.8度まではウェットスーツを着用しても良いが、その場合は世界選手権スロット及び各賞の対象にならない。

英文では水温28.8度以上になった場合はウェットスーツ禁止と書いてあるが、セントレアのホームページでは「プロのみ」ウェットスーツ禁止と書いてあったので、ここはローカルルールになるのだろうか。

英文ホームページには水温が24.5度より高い場合に着用できる水着やトライスーツのリストが載っており、欲しいものもあったが、海外メーカーのものばかりなので、あと一週間では入手するのが難しいだろう。

ただ、英文では細かく着用可能の水着の規定、例えば長さや素材についての規定がされていたが、常滑の日本語のHPではそこまでは触れられていない。でも、英文ルールのリンクが貼ってある。つまり、すべて英文のルールに沿う、ということなのだろうか。そうしたら、細かい水着の長さや、素材についてはおいおいHP上で日本語で発表があるのだろうか。もしくは、水着であれば、そこまで細かいことは問わないということなのだろうか。

そこは凄く大きな問題なんだけど。

あらゆる可能性に備えて各種用意していくと、大荷物になるんだけど。

現在競泳用として認められている水着だったら安全だろうけど、そうしたら、私は買い足さなければいけない。また買い物かい。買いに行く時間、あるかなあ。大会用の水着は試着したいし。

何にしても、私にとってはショック。

一つには、海で泳ぐ場合にウェットスーツを着るのに慣れたから。

更に、競泳用水着の下にトライスーツなどを着るのは難しいので、トランジションで総着替えとなると、トランジションの時間が更に長くなるから(涙)。

世界選手権のスロットも、各賞受賞も私には関係ない。でも、せっかく出るなら、みんなと同じ条件で出たいとは思う。

でも、完走が危ないのだから、少しでも時間短縮のために割り切ってウェットを着るべきだろうか。

ああ、また大会前に悩むことが増えた。

クラゲがいたらいやだなあ。
f0235925_2328018.jpg

「僕も一緒に考えてあげよう・・・。」
f0235925_23281573.jpg

「・・・と思ったけど寝ちゃった。」

9月10日(金) 練習オフ

by trineko710 | 2010-09-10 23:36 | トライアスロン