これって楽しいことらしい


トライアスロンって楽しいよ、とトライアスリートに言われ真に受けた私。ホントカイ。真実を探る旅、開始!
by trineko710
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
猫またぎな母の味
at 2012-08-10 01:38
チャンネル争い
at 2012-08-07 00:35
ビフォアーアフター
at 2012-08-05 22:10
小顔報告
at 2012-07-31 23:40
三千里な旅
at 2012-07-29 23:12
明るい色
at 2012-07-28 22:56
新種の動物
at 2012-07-27 00:41
喜びの声
at 2012-07-24 00:09
応援団
at 2012-07-22 02:17
がんばったにゃん
at 2012-07-20 00:17
五輪の奇跡
at 2012-07-19 01:02
おしゃべりなにゃん
at 2012-07-17 00:22
お久しぶりです。
at 2012-07-14 21:36
2月22日
at 2012-02-22 23:18
床男
at 2011-11-14 23:45
棚男
at 2011-10-24 23:52
丸隅
at 2011-10-13 02:56
sad face sad day
at 2011-10-07 00:38
一面
at 2011-07-19 17:00
四年に一度
at 2011-07-17 22:56
以前の記事
外部リンク
外部リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アジアカップ

f0235925_16440.jpg

お母さんがまた夜中にぎゃあぎゃあ叫んでいます。

アジアカップの準決勝に勝ったそうです。次は決勝だそうです。

「まったく寿命が縮まった」と言っていますが、僕たちも寝不足になりそうです。早く静かになってほしいです。

ハワイの話はあと二回ほど続くそうです。

よろしくお願いします。

# by trineko710 | 2011-01-26 01:09 | 「楽しい」

ローカルな地域

ハワイは山が多い。

海のイメージが強かったので、最初はびっくりした。ところが、ひとたびビーチを離れると、山や丘、坂に囲まれる。

だから、こういう表現がある。

makai(マカイ)とmauka(マウカ)。kaiは海のことなので、マカイとは海側、マウカは山側の意味だ。

これが、慣れると非常に便利だということが分かる。

最初はさっぱりわからなかった。たとえば、どこかに行きたいとする。迷って電話をする。すると、○○通りのマウカ側よ、とか言われる。何々を背にして右側、などとは言ってくれない。でも、それで良いのだ。山と海は動かないのだから。どちらの方向から来ようが、山側、山側、と思っていればそのうち見つかる。

しばらく住むと、どっちが山でどっちが海かわかってくる。そして、この表現になんの疑問も持たなくなったときに、少しハワイ暮らしになれたかな、と感じることができた。

ちなみにハワイ大学マノア校、というのは、「マノアという場所あるハワイ大学」のこと。このほかにもハワイ大学組織に属する短大や四年制大学が各地にあり、それぞれ最後にその地域の名前がついている。

マノアはManoa Valleyと呼ばれていて、ここも山に囲まれている。

家から山に向かって車で少し走ると、マノア・ヴァレー・マーケットプレイスという小さなショッピングセンターがある。マノアは大学の先生やアーチストが好む場所だったので、このマーケットプレイスも、静かで大人っぽい雰囲気がしていた。

今回数10年振りに行ってみたら、レストランは昔と入れ替わったようだが、その雰囲気は変わらなかった。そして、早朝だったが、朝市が出ていたのでたくさんの人が訪れていた。ベーカリーやコーヒーショップもあり、焼きたてのパンを買い求める人も多かった。
f0235925_135888.jpg

ジョギングをしていた時には、ここを折り返しにすると家から往復5キロ弱だった。

緑に囲まれた道路を走ると、丁度家に着くころにはワイキキの夕日が見えた。あんな贅沢なジョギングは、もうできないかもしれない、とつくづく思う。
f0235925_13442769.jpg

ここでも食べたスクランブルエッグとポーチギーソーセージの朝食。ちなみに、これはご飯は「1スクープ」といって普通の半分。ハワイでは何も言わないと必ず「2スクープ」ついてくる。

スープは餃子を二つ折りにしたような「マンドゥ―」が入っている、マンドゥースープ。ワンタンスープのようなものだ。

# by trineko710 | 2011-01-24 01:43 | ハワイ

ローカルな家

友人の息子さんが住んでいるのは、私がハワイで最後に住んでいた場所のすぐ近くだったので、懐かしくなってその前を通ってきた。

ここが、私がかつて住んでいた家だ。大学から歩いて5分の便利な場所だった。
f0235925_0371083.jpg

ちなみに、ここから車で5分もしないところに、オバマ大統領の通っていたプナホウ高校がある。

4部屋あったので、ハワイ大学に通う四人の女子学生が共同で住んでいた。一部屋はリビングルーム仕様だったので、20畳くらいあっただろうか。そのほかの三部屋も、10畳はあったと思う。もっと広かったかもしれない。

あとは、共同のキッチンとバスルーム。

大家さんは日系の女性で、早くに御主人を亡くしていた。そのため、大きな家に住む必要はない、ということでこの家の裏手にこじんまりとした家を建て、こちらのほうは貸し出していた。

家賃は破格に安かった。十分な広さがあったのに一部屋105ドルだったと記憶している。私は順番が来て大きな部屋に移ったが、それでも115ドルだった。当時は学生の住むところは大体400ドルくらいしたので、本当に助かった。

安い家賃の唯一の条件は家をきれいに保っておくこと。だから、三人のハウスメイトと掃除当番をつくり、皆できちんとそれを守った。今の私の生活とは大違いだ・・・。

今回家の前を通ったら、窓の内側にビニールが張ってあった。ペンキを塗り替えたのだろうか。大家さんはどうしていらっしゃるだろう。今でも本当に、感謝している。

# by trineko710 | 2011-01-23 00:38 | ハワイ

ローカルな食事

ローカルな(貧乏学生の)食事、といったほうが正しいかもしれない。

久しぶりに食べたいものがあった。

マックで買える、朝ごはん。
f0235925_02312100.jpg

スクランブルエッグとポーチーギーソーセージというおそらくハワイ独特のソーセージと、ご飯の取り合わせ。これに醤油が付いてくる。私は卵にかけるが、白人は十中八九ご飯にかける。

20数年前と同じ味だった。ごはんは思ったより固かったかな。

貧乏学生だったので食事はほとんど自炊だった。

たまの外食は、今はもう無くなってしまった大学近くのピザハット。デリバリーではなく、レストランだった。それから、当時から人気のあったタイ料理。ベトナム料理。中華料理。当時の20ドルは大金だったので、だいたいそれでお釣りの来る金額のレストランばかりだった。あの頃は1ドル250円だった。

80年代にはロコモコなどなかったように思う。ミートローフという引き肉料理にグレイビーソースをかけたプレートランチはあったから、あれがロコモコの原型かもしれない。

今はブランド海老になったカフクシュリンプもなかった。カフクで海老の養殖をしていたことは知っていたけれど。

そのころ、地元の人が良く食べていたものは何だったかなあ、と考えてみた。思い出した。「しょうゆチキン」だ。

骨付きの鶏肉を、水、醤油、黒糖、にんにくで煮込む。時々油を取り除く。ひたすら弱火で、汁が煮詰まるまで待つと、肉が骨からほろりと取れるまで柔らかくなる。それとご飯をお皿によそい、汁をご飯にかける。それだけ。でも、人気があった。ポットラックパーティーという、持ち寄りのパーティーに行くと、必ず誰かが持ってきていた。おそらくもともとはフィリピンの料理だと思う。

こんどつくってみようかな。家中がしょうゆチキンの匂いになるけれど。
f0235925_0234751.jpg

こんな景色を見ながら食べるだけで、何でも御馳走になる。

# by trineko710 | 2011-01-21 00:30 | ハワイ

キャンパス

去年の12月に、7年振りにハワイに行ったのはこのブログでも報告した。

7年ぶりだったからか、私が年を取ったからか、今回はいつになく昔を思い出す旅行になったことも書いた。

そもそもが、私の高校時代の親友の息子さんが交換留学でハワイ大学に行っていることが発端だった。彼は今、大学3年なので、21歳だ。私がハワイに行ったのも、彼と大差ない年齢の時だった。そして、私がハワイに行っているときは、彼はまだこの世に存在していなかった。

もうそんなに経ったんだ。

そして、私はそんなに若かったんだ。

大変だったわけだな、と思った。

キャンパスを案内した。
f0235925_275871.jpg

芸術学部の建物。Art Buildingという。わかりやすい名前。
f0235925_281032.jpg

中庭の竹。私が通っていたころはまだ背が低かった。きっと植えたばかりだったのだろう。

そう、専攻は美術だった。主専攻は油絵で副専攻は写真。なにせ教室が広いので、自分で作ったドデカイキャンパスに絵を描いた。テラピン油で頭がくらくらし、暗室で写真を現像する日々だった。

油絵はデカすぎたし、なぜかまたいつか描くだろう、と思って当時の作品は1枚も持って帰らなかった。結果的には、卒業以来1枚も描いていない。写真は、皆様ご存じのとおり猫の写真を撮るだけだ。
f0235925_282329.jpg

ブックストアーがある建物の壁画。ハワイの歴史を表している。私が通い始めたころは無かった。確か、三年生のころにできたのだと思う。ハワイアンの血をひく同級生も描くのを手伝っていた。
f0235925_283131.jpg

キャンパスから見えるダイヤモンドヘッド。

これからあと何回か、ハワイで行った思い出の場所のことを書いてみようと思う。

# by trineko710 | 2011-01-19 02:12 | ハワイ

facebook

facebookの創設者を描いた映画がゴールデングローブ賞をとった。

実は私もごくごく最近、facebookを始めた。アメリカではかなり前から浸透していたため、今までアメリカの知り合いから招待を受けたことがあったが、スパムメールかなあ、などという余計な心配をして、招待を受けなかった。ただ、ケーブルテレビでこの映画の宣伝を繰り返ししていることと、今回日本人で信頼のおける人からの招待だったので、思い切って始めることにした。

初めて見るとわからないことだらけ。ただ、登録したとたん、画面上に「知り合いかもしれない」人の名前が大量に表示されたのには度肝を抜かれた。そこで、「友達になる」ということの意味もわからないまま、知り合いを次々にクリックし、あとで意味がわかってごめんなさいしたり、おそるおそるコメントを書いたり、とそろそろと使いだしていた。

そんな中、昨日、ある友人の言葉を思い出した。彼女は「facebookで、音信が途絶えていた小学校の友人(ちなみに外国在住)と連絡が取れたよ。」と言っていたのだ。

極めつけの筆不精の私は、手紙の返事を書かなかったり、忘れたころにしか年賀状を出さなかったりで、今までに何人もの友人の連絡先が分からなくなっていた。特に、ハワイ時代の友人になると、ほぼ壊滅的だ。自慢じゃないが、二人しかわからない。

去年ハワイに行ったときに、連絡できなくなった人たちは、どうしているだろう、消息を知りたいな、と何度も思った。この年になると、私、生きてるよ。あなたも、元気にしてる?というやり取りがなんとも大事なのだ、と実感した。それが消息を伝えあう、ということなのだな、と自分のずぼらを呪った。

話は友人に戻る。彼女はどうやって友達を探したのだろう、と思った。そうしたら、画面上に「検索」とあるのに気付いた。これかな?試しに、連絡先を知りたい友人の名前を入れてみた。

出てきた。

もう引退してしまった大学の留学生担当部長だった女性の名前も入れてみた。

見つかった。

他にも、何人もが、facebookの世界に存在していた。

みんな元気そうだった。一番最初に見つかった友人夫婦に早速メールを出したら返事が来た。今度、会おうね、と約束した。会ったら、ほぼ20年振りの再会になる。

技術ってすごいな、と思う。この技術でつながった大切な人たちとの結びつきは、今度こそ切れないようにしなければ、としみじみと思った。
f0235925_23522898.jpg

写真を載せなければいけないのだけど、取り急ぎ牛の肉球にしておいたら、「肉球ではなく自分の顔写真にしなさい」と言われた。確かに。でも、トライアスロンの写真は全部サングラスかけてるしなあ・・・。悩む。

11年1月17日(月)の練習
スイム:サニーフィッシュ(夜)2300m 三か月ぶりのスイムは予想通りきつかった。アップで腕が上がらなくなり、しまいには気持ち悪くなった。泳力が戻るまで、また長い道のりだ。やれやれ。

# by trineko710 | 2011-01-17 23:57 | 「楽しい」

XXS

牛男です。お久しぶりです。

お母さんは、そろそろ新年になって落ち着いてきたのでハワイの思い出でも書こうかな、と思ったそうです。で、書き出したところ、「あっ忘れてた!」っていうんです。何かと思ったら、Tシャツを二枚買ってきたそうです。

それで、いそいそと探し出し、持ってきました。

なんでも、ハワイ大学のブックストアーで買ったそうです。一枚が、フットボールチーム、ウォリアーズのシンボルが書かれたもの、もう一枚が、I love Hawaiiと書かれたものだそうです。

そうしたら、もう一度、「あっ!!」っていうんです。

何かと思ったら「サイズがある!!!」ってびっくりしてるんです。

Tシャツにサイズがあるのは常識でしょう・・・。皆さんも、そう思いますよね。

そしたら、「この手のTシャツは、初めて買ったので気付かなかった」というんです。

だいたい「試着しなかったの??」って聞いてみたら、「試着できるわけないでしょ。」って言い返すんですよ。

で、小さいんですって。XXSを買ってきちゃったんですって。そんなの、無理に決まってるでしょう。なんでもう少し、慎重に買わなかったのかなあ。え、「半額セールになっていて、ワゴンに入っていたから安さに目がくらんだ」?そういうの、安物買いの銭失いって言うんですよ。で、Tシャツの表示によると、必要なのはXLなんですって。

お母さん、そんなに太っちゃったの?

「・・・背中において記念写真だけとることにする。」え、どういう意味?

なんか、嫌な予感。
f0235925_23241397.jpg

ハワイ大学フットボールチームTシャツバージョン。
f0235925_2324354.jpg

I love Hawaiiバージョン。

仕方ないから、僕たちのいとこのチワワのカブ君にあげるそうです。

11年01月16日(日)の練習
ラン:rebirthパーソナルレッスン。駒沢公園3周。6キロちょっと。とことんゆっくり。8分03秒/キロペース。

# by trineko710 | 2011-01-16 23:28 |

擬態

昨日、テレビを見ていたらカメレオンの擬態を取り上げていた。凄いものだ、と感心したら家にもあった。
f0235925_0151079.jpg

一つは猫もふ。
f0235925_017739.jpg

一部牛縞。

11年1月11日(火)の練習
Rebirthパーソナルレッスン:駒沢公園5周 ガーミン不調によりタイムなし。1時間15分くらい?距離は10.6キロ程度。久しぶりの10キロ走。ゆっくり走ったが、後半はきつかった。

# by trineko710 | 2011-01-12 00:19 |

初夢

隅男です。

お母さんが先週、ふわふわのクッションカバーを買ってきてくれました。こういう手触りのことを、犬や猫好きの人たちは「もふもふ」と言うそうです。

みんなが気持ちよさそうに寝ているので、僕もちょっと触ってみたら、もふもふは本当に、気持ち良かったです。でも、なかなか座る勇気がありませんでした。

でも、今日、思い切ってソファーに座ってみました。そして、仲良しの太郎が寝ている横で、僕もしばらくじっとしていました。
f0235925_22224240.jpg

その様子を見ていたお母さんは、とても嬉しそうでした。

そして、今年最初にかなった夢だから、初夢だ、と言っていました。
f0235925_22222140.jpg

僕がソファーに乗ることが夢だったのかなあ、と不思議でしたが、でも、なんだか僕も嬉しくなりました。

そして、しばらくしたら本当にくつろげて、牛と太郎の間で昼寝しました。

ソファーにおいたもふもふの上で。
f0235925_22235884.jpg


# by trineko710 | 2011-01-10 22:26 |

この世にいらない箱はない。結論。

おとといお伝えしたように、壊れてしまった箱を捨てるべきかどうかをみんなで決めました。

太郎と牛は、まだ使えると主張し、デモンストレーションを行いました。

牛によるデモ。
f0235925_23274212.jpg

太郎もこのようにフィット感を強調。
f0235925_23271565.jpg

では皆さん、まだまだ、この、元箱には価値があるということでよろしいですか。
f0235925_23254723.jpg

お母さん、ということで、捨てないことになりました。
f0235925_23261363.jpg


この世には、いらない箱はない。
さらに言うと、この世には、いらない元箱も、ない。

ちなみに、6対1と圧倒的数的不利な立場にあるお母さんは、この手の多数決に勝ったことはなく、今後も勝つ見込みは非常に薄いと予想されます。

11年1月8日(土)の練習
バイク練:モンスターバイカーズによるパーソナルレッスン。2時間15分くらいで31キロ弱。三か月ぶり(?)のバイク練のため、超リハビリモードで、お天気の良い中楽しかった。

# by trineko710 | 2011-01-09 23:37 |

この世にいらない箱などない。Part 3

牛と太郎で力いっぱいこの箱は小さすぎないプロジェクトを実行した結果。

壊れた・・・。
f0235925_22205764.jpg

壊れた。
f0235925_22213423.jpg

壊れちゃった。
f0235925_2223680.jpg

あ、お母さんだ。
f0235925_22221943.jpg

「もうそろそろ、捨てて良いですか・・・。」だって・・・。
f0235925_2222063.jpg

みんなで相談します。
f0235925_22211622.jpg


# by trineko710 | 2011-01-07 22:19 |

この世にいらない箱などない。Part 2

太郎です。
f0235925_19375315.jpg

僕も、「この世にいらない箱などない」、この箱は小さすぎないプロジェクトに参加することにしました。
f0235925_1938156.jpg

・・・。
f0235925_1939122.jpg

視線を感じますが、何かおかしいですか?
f0235925_19384687.jpg

え、手が出てる?
f0235925_19392815.jpg

ス、ストレッチです。牛も言ったでしょ。
f0235925_19395713.jpg

「結構大変だね・・・。」「うん。」

# by trineko710 | 2011-01-06 19:46 |

この世にいらない箱などない。

牛です。

皆様、お正月はいかがお過ごしでしたか?今日から仕事始めだった方も多いのではないでしょうか。

お母さんは今になって掃除をしています。なんでも「11年連続で大晦日に仕事をしている。だから、家の中が片付かないことが分かった。」と言っています。でも、別に大晦日にやらなくてもいいんじゃないか、と僕は思うんです。他にもそういう意見があったみたいなんですけど、「聞こえないふりをした」そうです。

で、なんだか不穏な雰囲気なんです。

なにが不穏かって、「箱、片付けなきゃ。」っていうつぶやきが聞こえたんです。

特に、「小ちゃい箱は、いいかな。」って言うんです。

とんでもない。まったく。「この世に、いらない箱などない」っていう格言、知らないのかなあ。猫の世界では、凄く有名なんだけど。だから、僕は身体を張って護ることにしました。

頑張らないと。
f0235925_2326212.jpg

あ、お母さんが近づいてきた。え?「やっぱり小さいんじゃない?」ですって?
f0235925_23263686.jpg

小さくありません。
f0235925_23265471.jpg

絶対に小さくありません。
f0235925_23343427.jpg

え、手が出てる?
f0235925_232787.jpg

・・・細かいなあ。ちょっと、ストレッチしただけです。小さいからじゃ、ありません。
f0235925_23272411.jpg

え、「じゃあ、それ何?」ですって?
f0235925_23273894.jpg

もう。これもストレッチ、です。小さくなんて、ありませんったら。
f0235925_2391070.jpg


# by trineko710 | 2011-01-04 23:36 |

約束

シアトルから洋子が帰って来た。

なので、雅子と三人で会った。

洋子と雅子と私は、かれこれ30年前に一緒に英語を勉強していた。三人とも同じ横浜出身だったので、ご飯を食べに行ったりして仲良くなった。

そこを卒業後は、洋子はすぐに留学し、雅子は一流企業に勤め、私も一年経たないうちに留学した。私がハワイにいる間に二人とも結婚した。

そのあと、私が帰国して数年間三人共日本にいた時期があったけれど、洋子は更に勉学を目指し、再びシアトルへ渡っていった。そして、今もアメリカ人の旦那さんと一緒にシアトルに住んでいる。

洋子が二度目の渡米をして、何年になるのだろう。95年に遊びに行った時は、すでに数年たっていたから、20年になるのだろうか。

私は自他共に認める世界一の筆不精なのに、二人との付き合いは続いた。二人が我慢強いからだ。知り合って30年、けんかしたこともあったような気がするが、なんだかみんな忘れてしまった。私が悪かったら、ごめん。

忘れついでに、この前いつ会ったかも定かでなくなってしまった。洋子は2年前だという。私は5年前だと思った。どこで会ったかも諸説あった。家に帰ってみんなで調べてみたら、2007年だった。でも、それ以降にも一回会っているという説も、まだある。

だから、今回は絶対に訳が分からなくならないために、ブログに書いておくことにした。2011年1月2日に、三人で会った。焼肉食べた。楽しかった。

このようにゆるい付き合いが、30年続いている。会うと、なんだかちっとも変っていない気がする。

私がハワイにいた時に、洋子も雅子も遊びに来た。洋子は、私がハワイに行った年だから、82年。雅子は、それから1~2年後だった。

でも、三人揃ったことはなかった。よく考えたら、三人で旅行をしたことがない。だから、約束した。

三年後に、ハワイに一緒に行こう、と約束した。

ゆるい三人が立てた、初めての長期的な約束。楽しいだろうなあ。
f0235925_22184557.jpg

洋子がハワイに来た時。どこの海岸だったかな。ノースショアかな。
f0235925_22191323.jpg

雅子とワイキキ動物園の前で。この近くにテニスコートがあり、テニスをした。私は下手だが雅子はうまい。
f0235925_22182240.jpg

昨日の二人。背景は東京ミッドタウン。

行こうね、ハワイ、絶対に。三年後。

# by trineko710 | 2011-01-03 22:27 | ハワイ

初春

明けましておめでとうございます。

のんびりしたお正月をお過ごしでしょうか。

僕たちは、のんびりしています。

お母さんは・・・。ノーコメントにしておきます。

新しい年が皆様にとって幸せな年になりますように。

本年もにゃん、うり、牛、太郎、隅男、夏子とお母さんをよろしくお願い申し上げます。
f0235925_15102593.jpg


# by trineko710 | 2011-01-02 15:11 |

願い事

今年は、無理だと思っていた願い事がかなった。

太郎はまだまだ夏子に怒られているし、うりは隅男にシャーシャー言われることはあるけれど、でも、6匹全員が気ままに家の中を歩き回れるようになった。

夢のよう。

だから、今年の一枚はこれ。
f0235925_10283649.jpg


みなさま、今年一年大変お世話になり、ありがとうございました。

ちなみに、タイトル変更の危機の期限は来年の4月まで伸ばすことにしました。

あくまでも自分に甘い私を、来年もよろしくお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えください。

# by trineko710 | 2010-12-31 10:29 |

タラップ

帰国した。

飛行機のタラップを降りたらそこは雪国だった。

雪国は嘘。でも、タラップは本当。そして雪は降ってなくても寒さが身に凍みた。

オアフ島は7年ぶりだった。そして、昔のことを多く思い出す旅になった。

でも、年末のこの忙しいときに長文を読んでくれる人はいないだろうから、年が明けたらにする。
f0235925_19191051.jpg

この方も休暇中だった。いつ到着するのか連日ニュースになっていた。

私はオバマ大統領を応援しているので、これがすぐにプレミアムグッズにならないように、頑張ってほしい・・・。

# by trineko710 | 2010-12-28 19:20 | ハワイ

Mele Kalikimaka

ハワイ語でメリークリスマスの意味です。
f0235925_12324641.jpg


# by trineko710 | 2010-12-25 12:34 | ハワイ

ALOHA

まだ将来にきわめて楽観的だった今年の夏、年末に旅に出ることに決めた。

友人の息子さんがハワイ大学に一年間の交換留学に出るということで、では、と母校とハワイを案内する役を買って出た。

あの頃は無邪気に信じていた。年末には、すべてのプロジェクトが完成し、部屋も片付け、年賀状も書き終え、すっきりした気持ちで休暇を謳歌できるということを。

なんだか後先考えずにハーフアイアンマンに申し込んだときの気分に似てる。

ところが、すべての用事を片付けることはハーフアイアンマンよりも厳しいことだったらしく、全部終わらせるなんてとんでもなかった。やっぱり制限時間を見極めるのって、大事だと思った。

だが、一番大事な超巨大ウルトラプロジェクトAは終わらせてきた。イエイ。

しかし、後は、全て、わかりやすくいうと、ほっぽらかしてきた。

そして、こんな中途半端な状態では、ハワイに行っても楽しめないのではないかと思っていた。

でも、来たらやっぱり楽しい。

それがハワイ。
f0235925_18213528.jpg

ちなみに、ハワイに来る前に少なくともこれだけはやって出発しようと思っていたことをきちん終わらせ、封筒に納め、バッグに入れて自宅を出た。

えへん、ちゃんとこれだけはやったもんね、と思いながら。

そして、搭乗口に入り飛行機に乗る直前、携帯電話をしまおうとバッグをあけたらその封筒があった。今は、その封筒もハワイをエンジョイしている。まだまだ、油断をしてはいけないと思った。

# by trineko710 | 2010-12-22 18:28 | ハワイ

新種

f0235925_22104057.jpg


# by trineko710 | 2010-12-19 22:11 |

高い目標

最近進歩したと思うことがある。

以前書いた通り、私がこの世で最も苦手とする作業の一つが「郵便物を投函すること」だった。

しかし、一連巨大プロジェクトを片づける中で、物事をため込むといかに大変かということを、「この年になって」「ようやく」「骨身にしみて」感じたため、ここ1~2カ月はけっこうきちんと郵便物を送っている。

そんな中、ついこの間、友人からメールが来た。今度会う時に、渡してほしいものがあるということだった。そこで私は、今までだったら絶対言わない、いや、言えない言葉を口にした。

「送るよ。」

なんという変化だろう。人間、変わろうと思えば変われるのだ。

そして今日、街頭でポストを見つけた。本当は昨日送ろうかと思っていた。それは忘れたが、一日遅れで済むなんて、私も大人になったもんだとしみじみ思いながら、ポストの脇で立ち止まり、かばんから封筒と切手を出して準備をしていたその時、おそらくその近くに勤めているのであろう男性がやってきて、さりげなく郵便物を投函した。

そしてその男性の手元を見て、私は驚愕した。

年賀状。

年賀状。こんなに早く出す人がいるなんて。

年賀状。もらうと嬉しい年賀状。

でも、ハレーすい星が地球にやってくるのと大差ない頻度でしか出したことのない年賀状。

私は思った。

そう。ふつうの郵便物を出しただけで満足してちゃいけないんだ。

私も、もっと高いところを目指さなければいけない。きっと、それを教えてくれるために神様があの男性をここに送ってくれたに違いない。

去っていく男性の、心なしか光って見える背中を見つめながら、まだまだだな、私は、とつくづく思ったのだった。

f0235925_22251513.jpg

家に帰ったらポストに入っていたとどめのチラシ。

f0235925_22294271.jpg

「お母さんは今年は年賀状を出せると思う?」の問いに死んだふりをする牛。

# by trineko710 | 2010-12-17 22:30 | 日常

人気者の運命

隅男です。
f0235925_013682.jpg

今日もまたアマゾン箱です。お母さんは「長文を書く時間がないからビジュアルが多くを語るアマゾン箱の話を続ける」と言っています。

困ったときのアマゾン箱でしょうか。

でも、僕にとっては記念すべき出来事だったのは確かです。ああ、これがあの有名な箱か、って思いましたから。

でも、人気者なので、しばらくすると太郎に取られました。
f0235925_011718.jpg

だから、一緒に入れないか、試してみました。
f0235925_00405.jpg

そうしたらお母さんが「そんな入り方をしていたら、すぐに壊れるよ」と言いました。そうかな、と思いました。
f0235925_23591125.jpg

そうでした。
f0235925_235745100.jpg


# by trineko710 | 2010-12-16 00:04 |

みんなと一緒

忙しいのは私だけではありません。

日本中のだれもが忙しいのです。

仕事と忘年会で、忙しいのです。

書きたいことがたくさんあるけれど、書く時間がありません。

でも、忙しいのはみんな一緒だから、とにかくひとつひとつやることかたずけるよう頑張ります。
f0235925_23171916.jpg

僕もアマゾン箱に入ってみた。初めて入ってみた。みんなと一緒。

# by trineko710 | 2010-12-13 23:18 |

忍耐

あとちょっとの辛抱で、巨大プロジェクトも終わり、多忙を極める日々も終わり、ほっと一息つけるようになる。

あとちょっと。がんばろう。

辛抱強いと言えばにゃん。
f0235925_23173699.jpg

きっと我が家で一番だと思う。
f0235925_23171952.jpg

はい、私も見習います。

昨日走ったのを忘れてた。

10年12月7日(火)の練習
ラン(Rebirthパーソナルレッスン 時間がなかったので駒沢公園二周だけ 4.28キロ 31分28秒36 7分23秒/キロ)

全然泳いでいない。再開したときに肩が回らなくなっていること確実。

# by trineko710 | 2010-12-08 23:19 |

連絡事項

お母さんは、いろいろ考えていました。
f0235925_23112368.jpg

そして、コメントを承認制にすることにしたそうです。
f0235925_23105367.jpg

皆さんのコメントを楽しみにしています。

ご迷惑をおかけしますが、これからもよろしくお願いいたします。

# by trineko710 | 2010-12-06 23:14

しつこい

仙台出張だった。
f0235925_23302025.jpg


牛タンをこよなく愛する私にとって仙台出張はいつも楽しみ。

しかし、12月だというのに、新幹線の中はひどく暑く、遂に途中から冷房がついた。

やはり、まだ12月ではないのだ。きっとそうだ。10月くらいではなかろうか。

東北地方は強風で、この私が町を歩いていてふわっと横に流された。

あ、軽くなったのかな、と思った。

しかし、家に帰って体重計が気のせいだよ、と教えてくれた。

そして、やっぱり12月だった。
f0235925_23304093.jpg


帰りの新幹線できれいな虹が見えた。写真に写っているかな。

# by trineko710 | 2010-12-04 23:31 |

2022年ワールドカップ開催国

2022年はカタール。やはり初開催は強いな~。

個人的には日本が選ばれなくて残念・・・。

# by trineko710 | 2010-12-03 00:45

2018年ワールドカップ開催国

大方の予想通りロシア。

# by trineko710 | 2010-12-03 00:38

仕事中

夏子です。

お母さんは、昨日から「12月だ、12月だ」といって騒いでいますが、やはりこれもワタシたちにとっては意味がわかりません。なにが違うというのでしょう。

そんなワタシたちをお母さんは、なんとなく非難がましく見ることがあります。

「いーよね~、食べて寝てればいいんだから。」という目線です。

失礼しちゃう。

ワタシだって、ちゃんと仕事してるのに。

毎日毎日、家の外を不審なイキモノが通らないかどうか、誰が見張ってると思ってんだろう。
f0235925_21473360.jpg

こんなに一生懸命見張ってるのに。
f0235925_21481258.jpg


# by trineko710 | 2010-12-02 21:48 |

冬の風物詩

12月になった。
f0235925_17274328.jpg

現実逃避のために、今はまだ11月なのだと思い込んでみようか。

しかし、世の中の他の人たちが12月だと認識している以上、それは無駄な努力なのでやめた。

12月になってしまった。

# by trineko710 | 2010-12-01 17:30 | 片づけ