これって楽しいことらしい


トライアスロンって楽しいよ、とトライアスリートに言われ真に受けた私。ホントカイ。真実を探る旅、開始!
by trineko710
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
最新の記事
お空の子
at 2017-10-07 23:19
猫またぎな母の味
at 2012-08-10 01:38
チャンネル争い
at 2012-08-07 00:35
ビフォアーアフター
at 2012-08-05 22:10
小顔報告
at 2012-07-31 23:40
三千里な旅
at 2012-07-29 23:12
明るい色
at 2012-07-28 22:56
新種の動物
at 2012-07-27 00:41
喜びの声
at 2012-07-24 00:09
応援団
at 2012-07-22 02:17
がんばったにゃん
at 2012-07-20 00:17
五輪の奇跡
at 2012-07-19 01:02
おしゃべりなにゃん
at 2012-07-17 00:22
お久しぶりです。
at 2012-07-14 21:36
2月22日
at 2012-02-22 23:18
床男
at 2011-11-14 23:45
棚男
at 2011-10-24 23:52
丸隅
at 2011-10-13 02:56
sad face sad day
at 2011-10-07 00:38
一面
at 2011-07-19 17:00
以前の記事
外部リンク
外部リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


屋久島

確定申告で苦しんでいる皆様へ。

癒される海と山に囲まれた屋久島に逃避行しませんか。

みんなで行ったら、3月15日のことを、本当に忘れられるかもしれませんよ。

どうですか?

何の解決策にもならないこと請け合いです。
f0235925_0373393.jpg


by trineko710 | 2011-02-25 00:38 | | Comments(4)

ウルフ猫の祈り

夏子です。
f0235925_0122868.jpg

いつもは、カメラを向けられると、こんなに可愛い顔でポーズするんです。

でもね、昨日は思わずこんな顔になりましたよ。
f0235925_0112122.jpg

なぜだか、聞いてくれます??ちょっと・・・いや、ものすごく長いですけど。

まあ、ことの発端はワタシたちかもしれないんですけど。

お母さんはワタシたちのことを「演技派ウルフ猫集団」っていうんですよ。なんでかっていうと、「ご飯もらってないふり」をするのが、まあ、上手いといえば上手いんですよ。「嫁がご飯をくれない」っていう感じですかね。

たとえば、お母さんの帰りが遅くてペットシッターさんにご飯をもらっているのに、お母さんが帰ってくると「お腹すいた~」と騒いで、もう一回ご飯くれないかなあ??って試してみるんですよ。

この間も、夜ごはんの後お母さんが出かけたので、帰って来た時に同じことをしてみたんですよ。そしたらそれがあまりにも迫真の演技だったので、お母さん、しばらくじーっと考え込んでました。記憶をたどってたんですね。

それでも成功したことはないんですよ。でも、他にすることもないし、暇つぶしだと思って、時々みんなと協力してちょっとお母さんをからかってみるんです。

だからお母さんは「そんなことしていると狼猫って言われるよ」という意味でワタシたちのことをウルフ猫集団って呼んでるんですけどね。

で、昨日のことなんです。

お母さんはずっと部屋にこもってました。紙がいっぱいある部屋です。ワタシたちは、いつも通り箱がいっぱいある部屋でくつろいでました。

それで、夜7時ごろ降りてきて夕飯を食べてたので、ワタシたちにもご飯ちょうだい、って言ったんです。

そしてら、ちらっと時計を見て「まだ早い」って言うんですよ。だいたい8時ごろなんですよね。ワタシたちのご飯。

そのあとお母さんはまた紙の部屋に消えて行きました。まあ、そこまでは仕方ないです。

問題はその後です。

全然ご飯くれる気配がないんですよ。

待てど暮らせど出てこないんです。

仕方ないので、にゃんが呼びに行きました。

でも、にゃんは仕事中のお母さんにしょっちゅう甘えに行くから、「また来たの」で済まされたんです。

だから、ワタシも行きました。それでも「夏子も来たの」で終わりです。

待ちきれなくなって、太郎と隅男も行ったんですよ。それで、みんなでお母さんの顔をじっと見て、時々可愛い声で鳴くのに、「全然」「全然」気がつかないんです。

とにかく「一心不乱」にパソコンとかいうものと、紙を見比べて、何かしてるんです。

でもワタシたちも、ずっとそこにいました。

そうしたら、こう言ったんです。

「もう、ご飯あげたでしょ。まったく演技派なんだから。」

もらってないもん!!!

ありえなくないですか??昨日のは、演技じゃないもん!!

でも、駄目なんです。もう、思いこんでるから。

そのうちに、疲れてきて、みんなであきらめて箱部屋に戻りました。

お母さんはそれでも気付きませんでした。

それで、夜中の3時ごろですかね。やっと降りて来たんですよ。それで「あ~疲れた・・・。もう寝よう。」とか言って、キッチンのシンクを見たんです。そしたら、洗い物をしていないのに気付いたんですよね。それで、お皿を手にしたとたんに思いだしたみたいなんですよ。

「あああああああっっっっっ!!!」って叫んでましたからね。

でもワタシたちはその頃はもうふてくされてるもんですから、もう、「夕飯なんてどうでもいいもん」的ポーズを取ってるわけですよ。

お母さんは相当悩んでましたよ。「ボケたんじゃないか」って。「何を食べたか忘れるのはただの物忘れで、食べたことを忘れるのはまずい。で、これは?これは何??」とかぶつぶつ言ってるんですよ。

それで牛がのそのそって出て行って、これ見よがしに目の前で猫草食べたらようやく我に返って、いつもの量の半分だけくれました。もうそろそろ朝ごはんだから、というのがその理由だそうです。

ワタシは思うんです。ボケたかどうかはわからないけど、どうやら原因は、あの紙の山らしいって。

今までは「お母さん大変そう」って結構人ごとだったんですけど、今は真剣に思います。

こんなことが二度と起こらないために、お願いだから「カクテイシンコク」というもの、早く終わらせてください。

神様仏様。それがワタシたちウルフ猫の心からの祈りです。

・・・でも、無理ですかね・・・。

こんな長いブログ書いているようじゃ・・・。

by trineko710 | 2011-02-22 00:57 | | Comments(0)

クイズ

(A)この写真に写っていない家族は誰でしょう。
f0235925_23325775.jpg

(1)隅男
(2)お母さん
(3)上記の全て

(B)こんな写真を撮ったりして、お母さんが逃避しようとしている現実は何でしょう。

(1)確定申告
(2)請求書作成
(3)過去6年間の経歴書作成
(4)上記の全て

回答:
(A) (3)
(B) (4)

by trineko710 | 2011-02-19 23:33 | | Comments(3)

パフォーマンス

f0235925_033011.jpg

「あーもーやだやだやだやだ。確定申告なんてやりたくない!!」というお母さんの気持ちを表してみました。

11年2月17日(木)の練習
やけを起こして駒沢公園に走りに行った。しかし相変わらずの練習不足と減量不足でわずか二周のみ。約4.2キロ かかった時間は35分。8分24秒/キロ rebirthパーソナルレッスン。

by trineko710 | 2011-02-18 00:04 | | Comments(2)

予定

12月の那覇マラソンは練習不足で棄権した。

チケットをマイルで取ったので、変更するにも期限がある。丁度良いので、今週末の沖縄マラソンの「10キロの部」にエントリーした。なんて軟弱。でも、なんて気が楽。

楽しみにしてたのに。

でも、確定申告をほっぽって行くわけにいかない。なので、きっとまた行けないに違いない。悲しい。ただ、日曜は雪になるらしいので、羽田に戻ってこられなかったら困るから、それでよかったのだろうと思おう。

3日あれば終わると思っていたのに・・・。こういうことは、思っていた時間の二倍はかかるものなのだなと、改めて思う。

それにしても、去年見つからなかった領収書が出てきて、今年必要な書類が見当たらないのはなぜ。なぜなぜ。

来年の分からは、つまり今年からは1年分をまとめてやらずに毎月まとめておこうと心から誓うのだった。
f0235925_2244667.jpg

お母さんはちょっとへこんでいます。

by trineko710 | 2011-02-15 22:06 | | Comments(0)

チョコレート

今日、外に車を停めて駐車場に戻ったら2人の若い男性が立っていた。停まっている車は私の車だけ。

何しているんだろう、と思っていたら、二人で壁に向かって立ち、何かをしだした。

漫才の練習だった。この寒空で。えらいなあ、どちらがボケでツコッミかな、将来売れると良いね、と思って車のエンジンをかけた。

そうしたら、そうだ、今日は私も一日突っ込みたくなることがあるのだ、と思いだした。

私の車のナビは口を聞く。そして要所要所で、「ジャパニーズイングリッシュ」で、グッド・モーニング、とか、ハブ・ア・ナイス・ドライブとか言ったりする。私がプログラムしたのではない。初めからそうなっていたのだ。

それで、2月14日には必ず,これは日本語で「今日は、バレンタインデーです」と言う。

で、私はそれを聞くたびにものすごく突っ込みたくなる。

なぜだ。

それは、2月14日は父親の命日だからだ。

7年前のこの日、父が亡くなった。私は「バレンタインデーかい。」と思った。そして、父親の「今更もうどうでもいいだろう。」という声が聞こえたような気がした。

こういう日なので、「墓にチョコレートを供えるものだろうか」と毎年思うのだが、大正生まれの父親とチョコレートが結びつかないため、結局したことはない。

今日もいつも通り花と線香だけにした。

ひとしきりして住職にあいさつし、帰るときに「粗菓」という包みを手渡された。お菓子だ。お礼を言って車に帰り、なにかなあ、と思ってみたら箱に兎の絵が描いてあるチョコレートだった。

まさかバレンタインデーにあわせたわけではないだろう。

でも、またナビが「今日はバレンタインデーです」というので、今度は突っ込まずに、「はいはい、私ももらいましたよ、お寺さんから」と応えて家に向かった。
f0235925_234710.jpg

これがそのチョコのパッケージ。

ちなみに三連休あんなに頑張ったのに、確定申告はまだ終わっていない。泣きたい。もう、夜家にこもってやるしかない。今週こそは夜に練習にいけると思ったのに・・・。

by trineko710 | 2011-02-14 23:07 | 日常 | Comments(0)

雪やこんこ。

あられやこんこ。
f0235925_22495470.jpg

降っても降ってもまだ降りやまぬ。

猫はソファーで丸くなる。
f0235925_22502699.jpg

でも本当はやんだ。

はい現実逃避中。

by trineko710 | 2011-02-11 22:51 | | Comments(0)

カクテイシンコク

かたかなで書いたら少し気分が楽になるかと思ったが、ならなかった。

今年は果敢な、今までの私を知る人から見たら「想像を絶する」目標を立てた。

確定申告を、今週の三連休中に終わらせる。期日の1か月前だ。

税理士さんはびっくりして心臓まひを起こすのではないだろうか。

しかし、年間計画とともに、やらなければいけないことの計画を立てることの重要さを知った私は(今頃)、今年は逃げずにスケジュール帳をじっくりと見た。

そして、この週末を逃したら、では次にいつできるだろうかを検討したところなんと5月のゴールデンウィークだった。

それはまずいでしょ。また、巨大プロジェクトが生まれ、しかも、税務署に追われ、それに加えて、余計なお金がかかるでしょ。

なので、2月13日以前にブログが更新されるとしたら、次の内のどれかです。

① なんと頑張って13日前に終わったとき。
② 現実逃避するとき。

みなさん、応援してください。よろしくお願いします。
f0235925_011372.jpg

床いっぱいに広がる領収書を見つめる隅男。お願いだからこの上に乗らないで。

11年2月9日の練習
家の周りを3キロジョギング(一人練)。時計を持たずに走ったので時間不明。多分23分~25分くらい。デブになったので走るのがツライ。

by trineko710 | 2011-02-10 00:02 | 日常 | Comments(2)

野次馬

久しぶりにバイク練に行った。

何度も書くように極度の運動不足なので、今日も極めつけののんびりライドにしてください、とコーチにお願いした。

走り出したのは11時半過ぎ、途中コンビニでお昼を食べて2時には終了、というサイクリングメニュー。では、と走りだして多摩川に入ったら、じきに、行く手に黒煙が見えてきた。

コーチと、火事かなあ、と言いながら走っていたが、散歩、ジョギング、そして私たちのように自転車の練習をする人たちでサイクリングロードは混みあい、特に通行止めになっている様子もない。

ようやく近づいたら、やはり火事だということが分かった。たくさんの野次馬が見ている。上空にはヘリコプターも飛んでいた。

でも、川辺の原っぱで、住宅もなく、ほぼ無風、鎮火間近だったので、消防の人たちも「自転車に乗っている人は降りて引いてくださ~い。」と、穏やかだった。

私は良く考えたら、この年になるまで火事を見たことがなかった。そのため、仕事をする消防士さんを見たことも初めてだった。離れた土手に立っていると、火は「暖かい」ものだったが、近くに行ったら相当熱いだろう。煙も吸い込むだろうし、大変な仕事だな、と思った。
f0235925_2353385.jpg

不謹慎だなあ、ごめんなさい、と思いながら携帯で写真を撮った。

しばらくして、そろそろ自転車に乗っても大丈夫かな、というところで走りだした。

野次馬を見たのも初めてだった。そうか、ああいう人たちのことを野次馬というのか。たくさん人が集まるものだのだな、と思った。

しばらくして、自分も立派な野次馬だったことに気付いた。

11年2月6日(日)の練習:モンスターバイカーズのパーソナルレッスン リハビリライド。実走2時間で30キロくらい?曇ると寒かった。お日様の力は偉大だ。でも、楽しかった。

by trineko710 | 2011-02-06 23:56 | トライアスロン | Comments(2)

いかさん

ふぐを食べた。

福岡ではふくというらしい。「福」にかけているそうだ。もちろんたいそう幸せな気分になった。

疲れていたからホテルで食べようかと思ったら、2~3日前に予約をしなければいけないそうだ。そうなのか。フグと一緒に、職人さんも手配するのだろうか。急に言われても、用意できないんですよ、というところは私たちの業界と似ているかもしれない。

ということで、ホテルからタクシーで5分もしない日本料理屋に行った。そうしたら、おこぜやら関さばやらいかやら新鮮な刺身がたくさんあるようだったので、急きょふぐは最も小さいコースにして、いろいろと頼むことにした。

刺身を頼んだら「活き造りにしますか」と聞かれたので「お願いですから絶対に動かない魚を持ってきてください」と懇願した。偽善者なので、自分が今食べている魚はさっきまで泳いでいたのですよ~、ということを思い起こされるのがいやなのだ。
f0235925_23551574.jpg

いかがお勧め、というのでもちろん頼んだら大きな透き通るような刺身が来た。

こりこりしていて美味しい。なんだか大きな目が気になったが、「絶対に動かないようにして」と頼んだので大丈夫だろうと思い、付け合わせのレモンをかけたら10本の足がぴろぴろぴろ~、と動き、仰天した。

嘘つき。動かないのっていったのに。

それ以来、いかの哀愁漂う視線にいたたまれない思いを感じながら、そして、一刻も早く楽にしてあげたほうが良いのではないかと思いながら、その新鮮な切り身を堪能し、残りの部分はてんぷらにしてもらった。成仏しますように。

大好物の白子焼。
f0235925_23554027.jpg

ふぐのから揚げ。
f0235925_23555466.jpg

ふぐ刺しも予想にたがわず美味しかった。

そして、そうとうお腹もいっぱいになったところでふぐちりになる。でも、私はあまりふぐちりには興味はない。だから、もういらない、と思ったが、友人と、これは雑炊を食べるための儀式なのだと覚悟し、とにかく三人で必死になって食べ終えた。

努力の結果の雑炊。
f0235925_23561459.jpg


ふぐのコースを小さいものにしたので予算も予定を下回り、大満足をしてホテルに帰り、部屋のドアをあけた直後に意識を失い、朝を迎えた。

博多の美味しいもの。締めはラーメン。
f0235925_23563050.jpg

空港に向かう直前に食べた。有名店らしい。
f0235925_23565077.jpg

今回はもつ鍋を食べられず、残念だった。いつになるかわからないが、次回に期待しよう。

by trineko710 | 2011-02-04 23:59 | | Comments(6)