これって楽しいことらしい


トライアスロンって楽しいよ、とトライアスリートに言われ真に受けた私。ホントカイ。真実を探る旅、開始!
by trineko710
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
猫またぎな母の味
at 2012-08-10 01:38
チャンネル争い
at 2012-08-07 00:35
ビフォアーアフター
at 2012-08-05 22:10
小顔報告
at 2012-07-31 23:40
三千里な旅
at 2012-07-29 23:12
明るい色
at 2012-07-28 22:56
新種の動物
at 2012-07-27 00:41
喜びの声
at 2012-07-24 00:09
応援団
at 2012-07-22 02:17
がんばったにゃん
at 2012-07-20 00:17
五輪の奇跡
at 2012-07-19 01:02
おしゃべりなにゃん
at 2012-07-17 00:22
お久しぶりです。
at 2012-07-14 21:36
2月22日
at 2012-02-22 23:18
床男
at 2011-11-14 23:45
棚男
at 2011-10-24 23:52
丸隅
at 2011-10-13 02:56
sad face sad day
at 2011-10-07 00:38
一面
at 2011-07-19 17:00
四年に一度
at 2011-07-17 22:56
以前の記事
外部リンク
外部リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:旅( 17 )


福島

去年福島に行った。

このブログでも書いたけれど、トライアスロンの大会だった。猪苗代湖から会津にかけての大会だった。

試合後に、山の上にある北欧風の静かなホテルに友人と泊まった。こじんまりとしたきれいなホテルで、夕食は地元でとれた食材でフランス料理、しかもワインなどのアルコールは飲み放題だった。

ロビーには福島で取れた牛乳で作った飲むヨーグルトが冷やして置いてあり、たいそう美味しかった。

このホテルのことが気になり、ホームページにアクセスしてみた。3月14日付の最後の更新で、しばらく休業します、とあった。

スタッフの方は全員無事だった。でも、国道が陥没してしまったそうだ。

休業の連絡の前に、「3月中旬は福寿草の季節です」というメッセージと、黄色いきれいな花が一面に咲いている写真があった。

もう、福寿草は咲いただろうか。

あの、小さなホテルは、いつか再開するのだろうか。

原発の問題が終息し、復興が始まり、ホテルが再開したら、また行ってみたい。

その日が来ることを祈っている。
f0235925_23145313.jpg


by trineko710 | 2011-03-19 23:17 |

屋久島

確定申告で苦しんでいる皆様へ。

癒される海と山に囲まれた屋久島に逃避行しませんか。

みんなで行ったら、3月15日のことを、本当に忘れられるかもしれませんよ。

どうですか?

何の解決策にもならないこと請け合いです。
f0235925_0373393.jpg


by trineko710 | 2011-02-25 00:38 |

いかさん

ふぐを食べた。

福岡ではふくというらしい。「福」にかけているそうだ。もちろんたいそう幸せな気分になった。

疲れていたからホテルで食べようかと思ったら、2~3日前に予約をしなければいけないそうだ。そうなのか。フグと一緒に、職人さんも手配するのだろうか。急に言われても、用意できないんですよ、というところは私たちの業界と似ているかもしれない。

ということで、ホテルからタクシーで5分もしない日本料理屋に行った。そうしたら、おこぜやら関さばやらいかやら新鮮な刺身がたくさんあるようだったので、急きょふぐは最も小さいコースにして、いろいろと頼むことにした。

刺身を頼んだら「活き造りにしますか」と聞かれたので「お願いですから絶対に動かない魚を持ってきてください」と懇願した。偽善者なので、自分が今食べている魚はさっきまで泳いでいたのですよ~、ということを思い起こされるのがいやなのだ。
f0235925_23551574.jpg

いかがお勧め、というのでもちろん頼んだら大きな透き通るような刺身が来た。

こりこりしていて美味しい。なんだか大きな目が気になったが、「絶対に動かないようにして」と頼んだので大丈夫だろうと思い、付け合わせのレモンをかけたら10本の足がぴろぴろぴろ~、と動き、仰天した。

嘘つき。動かないのっていったのに。

それ以来、いかの哀愁漂う視線にいたたまれない思いを感じながら、そして、一刻も早く楽にしてあげたほうが良いのではないかと思いながら、その新鮮な切り身を堪能し、残りの部分はてんぷらにしてもらった。成仏しますように。

大好物の白子焼。
f0235925_23554027.jpg

ふぐのから揚げ。
f0235925_23555466.jpg

ふぐ刺しも予想にたがわず美味しかった。

そして、そうとうお腹もいっぱいになったところでふぐちりになる。でも、私はあまりふぐちりには興味はない。だから、もういらない、と思ったが、友人と、これは雑炊を食べるための儀式なのだと覚悟し、とにかく三人で必死になって食べ終えた。

努力の結果の雑炊。
f0235925_23561459.jpg


ふぐのコースを小さいものにしたので予算も予定を下回り、大満足をしてホテルに帰り、部屋のドアをあけた直後に意識を失い、朝を迎えた。

博多の美味しいもの。締めはラーメン。
f0235925_23563050.jpg

空港に向かう直前に食べた。有名店らしい。
f0235925_23565077.jpg

今回はもつ鍋を食べられず、残念だった。いつになるかわからないが、次回に期待しよう。

by trineko710 | 2011-02-04 23:59 |

10ヶ月18日

しばらく気絶していた。

あっという間に2月になったからだ。

「年賀状を元旦に出し、年末にしっかりと掃除をしてさわやかな気持ちで新年を迎えたい」というささやかながら非常に大きなチャレンジとも言える夢を持っている私にとって、その二つをかなえるための目標設定日時である12月20日まで後10ヶ月と18日しかなくなってしまった。

その事実に圧倒された私は、だから、しばらく気を失っていた。

しかし、ずっと気絶している訳にもいかなかった。福岡に移動しなければいけなかったからだ。

去年の年末、一人の友人がこう聞いた。

「ねえ、東京に居る人に対して『こんなところやあんなところで、こんなにおいしいものを食べてます』という報告をして、楽しいの?」

私の性格の悪さを見抜く洞察力に感心しつつ、「あ、おいしい、ということが伝わっているんだ」と喜んだ私は、元気に「うん」と答えた。

なので、気絶から目覚めた私はハワイのことも書きたいけれど、とりあえず今は福岡からの「おいしいもの食べましたレポート」をしなければ、と思う。

地元の焼酎を飲んだ。お酒が大好きだが弱いので、いろいろ試すことができない。今日も一杯で十分酔っぱらった。
f0235925_23185234.jpg

オードブルのセット。左上にある鯛せんべいがさくさくとして、とてもおいしかった。
f0235925_2319189.jpg

ヒラメの刺身。紅葉おろしをいれたポン酢で食べる。えんがわ部分が特に美味だった。
f0235925_23193888.jpg

黒毛和牛の鉄板焼き、ちりめんじゃこごはんとあら汁。
f0235925_23195865.jpg

幸運にも仲のよい同僚との出張にも関わらず、業務の終わる時間が違ったため今日はホテルでの一人ご飯となった。おいしかったが、やはりこれでは皆様にご満足いただけないと思う。

明日こそ、友人とふぐを食べにいく予定だ。

われを忘れて写真を撮る前に全て食べ終わってしまわないように、責任感をもってレポートするよう努力しようと思う。

by trineko710 | 2011-02-02 23:25 |

しつこい

仙台出張だった。
f0235925_23302025.jpg


牛タンをこよなく愛する私にとって仙台出張はいつも楽しみ。

しかし、12月だというのに、新幹線の中はひどく暑く、遂に途中から冷房がついた。

やはり、まだ12月ではないのだ。きっとそうだ。10月くらいではなかろうか。

東北地方は強風で、この私が町を歩いていてふわっと横に流された。

あ、軽くなったのかな、と思った。

しかし、家に帰って体重計が気のせいだよ、と教えてくれた。

そして、やっぱり12月だった。
f0235925_23304093.jpg


帰りの新幹線できれいな虹が見えた。写真に写っているかな。

by trineko710 | 2010-12-04 23:31 |

寒ブリ

金・土と富山出張だった。

冬の富山と言ったら、寒ぶり。下調べの大変な仕事だったけれど、全ては寒ぶりのため、と頑張った。

一緒に行った同僚がこまめに調べてくれて、一番人気がありそうな和食屋に行くことにした。ところが金曜日の夜とあって大人気で、予約が取れるのは7時半までの早い時間か、9時半以降と言うことだった。、というわけで、空港から直行することにして5時半に予約。ところが飛行機が遅れ、店に到着したのが6時近かったので、店に着いた途端、気合を入れて注文する。

突き出し。
f0235925_2238443.jpg

牡蠣のポン酢あえ。
f0235925_223999.jpg

平目の刺身。ピントが合っていないけれど、刺身は身が締まっていて、塩とかぼすとわさびで食べたら絶妙な味だった。
f0235925_22394249.jpg

そして、お目当てのぶりと白海老。ぶりというより、身が締まったトロのよう・・・。白海老は口の中でとろけた。
f0235925_22395893.jpg

からすみ。
f0235925_22401283.jpg

県外にはほとんどでないという「げんげ」という魚のてんぷら。さくさくしておいしい。
f0235925_22402672.jpg

同じくこの地域でほとんど消費されてしまうという香箱がに。
f0235925_22403860.jpg


このほかにも、卵をたくさん抱えた甘エビ、げんげの吸い物、漬物、焼きおにぎり、と1時間半の時間を目いっぱい使って食べつくした。ああ、また、あのぶり食べたい。地元の日本酒も美味しかった。

富山出身の方が「富山は良いところで、みんないつかは富山に帰りたい、って思っているんです」と言っていたが、なんとなくその気持ちがわかるような気がした。

食べ物はおいしく、路面電車が走る町並みは美しい立山に囲まれている。

飛行機から見降ろした雪に覆われた立山の姿は神々しいほどだった。夕日に照らされて、微妙に色合いの変わる雲と山々、そしてしばらく飛んだら遠く見える富士山。写真に収めることができず、残念だった。

また行きたいな、冬の富山。

出張から帰ってからは、友人宅でのボジョレーパーティーに参加した。ワインも料理もおいしく、友人宅のドアを開けたとたん我を忘れたので写真はなし。でも、夜遅くまでわいわいと過ごし、楽しかった。

それにしても、これから始まる忘年会シーズン。早くやることやって練習再開しないと、本当にまずいことになる、と思いつつも美味しいものには我慢できない性格を改めて実感した週末だった。

by trineko710 | 2010-11-21 22:47 |

コナ夕陽

もうすぐコナともお別れです。
f0235925_192231.jpg

・・・ところで、日本はまだ灼熱でしょうか・・・。

by trineko710 | 2010-08-28 19:06 |

コナ

ハワイのハワイ島、通称ビッグアイランドに来ています。

宿泊地はコナです。

休暇ではありません。

将来に備えての下見です。

嘘です。

仕事です。

仕事のことはブログには書かないようにしているのですが、コナはトライアスリートの聖地、ということで書きたくなりました。

今日も、空港からホテルに向かう道を、DHバーをもったトライアスリートたち数名が練習していました。

コナはハワイ独特の気候で、日差しは強いけれど日影は涼しく、風があるため夜はジャケットが必要なくらいです。つまり一言で涼しいです(あ、石を投げないでください!)。

帰る頃には日本は少しは暑さが収まっていることを期待しますが、無理でしょう。

へっぽこゆでだこうつくしまレースレポートは、なので、ちょっと遅れます。

ではみなさまALOHA!
f0235925_235137.jpg

ホテルのラナイ(ベランダのこと)から見た景色。

by trineko710 | 2010-08-26 23:09 |

石垣島マングローブ

石垣島3日目、午前中はカヤックでのマングローブツアーに行ってきました。

宮良川というところにマングローブがあります。西表島にしかないと思っていたからびっくり。初めてカヤックに乗りました。

この日は午前中上流に向かうときは満潮で、下流に帰ってくるときは流れが変わるという、とってもこぎやすい日でした。
f0235925_2148423.jpg

ガイドさんが丁寧に説明してくれ、いろいろなところを案内してくれました。これは、洞窟から撮った写真。
f0235925_21482834.jpg

マングローブツアー会社の飼い猫クー君。信じられないほど人懐っこく、車のドアを開けると中に入ってきたり、知らないひとだらけなのに、お腹を出して爆睡していたりします。
f0235925_21484880.jpg

お昼はまたまたソーキそば。午後は米原キャンプ場というところに行きました。引き潮でどこまで行っても膝下という遠浅でしたが、サンゴ礁があり、小さな魚がたくさんいました。あまりにも広いビーチなので、撮るのは難しいと思い、残念ながら写真はありません。行き当たりばったりの旅だったため、ビーチシューズも、スノーケルも何も持っていなかったので匍匐前進でなんとかしましたが、準備の良いみなさんは、是非用具を整えて行かれることをお勧めします。クマノミもいました。

夜は石垣牛の焼き肉。ああ、美味しかった。この日も食べ物の写真はありません。理由は、お分かりですよね。

いよいよ翌日は東京に帰る日、というわけで珍しく起きたら何をしようか、と相談して寝たのですが、予想通り早起きできずホテルの部屋から海を眺めて終わりでした。でも、昼ご飯はしっかり、またまたソーキそばを食べました。あと、車エビの塩焼きも。殻までカリカリと香ばしく焼けており、これも超美味でした。
f0235925_21491496.jpg

最後の日の景色。また来られますように。

以上、夏休み石垣島絵日記をお届けしました。

by trineko710 | 2010-08-05 21:51 |

石垣島めぐり

竹富島から帰ってきたのが夕方の4時半ごろだったので島を一周することにしました。もちろん下調べは何もしていなかったので、その場で地図とガイドブックを頼りに眺めのよさそうなところを選んで車を降りることにしました。

ここは島の東側にある玉取展望台からの景色。

展望台の右手。
f0235925_0163465.jpg

展望台の左手です。
f0235925_09941.jpg


ここは島の西側にあるサンセットビーチ。映画のロケも行われたそうです。
f0235925_0952100.jpg

そして、北端の平久保崎灯台。
f0235925_0101327.jpg

灯台の右手の景色。島の先端の形がよくわかります。
f0235925_084871.jpg

灯台の近くに小高くなっているところがあり、そこから見える景色です。
f0235925_0104763.jpg


島の北部は結構アップダウンがあり、ここはトライアスロンのコースではないよね・・・と思いながら運転しました。どうやら違うようで、ほっとしています。そういえば、ロードバイクのトレーニングをしている人を三人ほど見かけました。

島の西側中央部あたりにある川平湾。
f0235925_0112737.jpg

川平湾にいた気品のある猫。ピントが合っていなかったので、絵画風に編集しました。
f0235925_0115164.jpg

川平湾を過ぎたあたりで日没になったため、石垣港まで戻り夕食にしました。全日空の機関誌に載っていた、石垣牛のパンバーグとステーキの店に行きました。お腹がぺこぺこで、料理が出てきたとたん我を忘れて食べ始めたため、写真はありません・・・。美味しかったです。

ホテルに帰ったら前の日同様、ものの三分で気絶。翌朝8時まで寝続けました。

by trineko710 | 2010-08-04 00:20 |