これって楽しいことらしい


トライアスロンって楽しいよ、とトライアスリートに言われ真に受けた私。ホントカイ。真実を探る旅、開始!
by trineko710
カテゴリ
最新の記事
お空の子
at 2017-10-07 23:19
猫またぎな母の味
at 2012-08-10 01:38
チャンネル争い
at 2012-08-07 00:35
ビフォアーアフター
at 2012-08-05 22:10
小顔報告
at 2012-07-31 23:40
三千里な旅
at 2012-07-29 23:12
明るい色
at 2012-07-28 22:56
新種の動物
at 2012-07-27 00:41
喜びの声
at 2012-07-24 00:09
応援団
at 2012-07-22 02:17
がんばったにゃん
at 2012-07-20 00:17
五輪の奇跡
at 2012-07-19 01:02
おしゃべりなにゃん
at 2012-07-17 00:22
お久しぶりです。
at 2012-07-14 21:36
2月22日
at 2012-02-22 23:18
床男
at 2011-11-14 23:45
棚男
at 2011-10-24 23:52
丸隅
at 2011-10-13 02:56
sad face sad day
at 2011-10-07 00:38
一面
at 2011-07-19 17:00
以前の記事
外部リンク
外部リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2010年 09月 26日 ( 1 )


アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン(スイム・はったりはなしよ編)

先週金曜から名古屋出張でした。

昨日は、一週間前とは打って変わってさわやかな気候。今日は曇りで、これだけ涼しければレースがどんなに楽だったろうと思わずにはいられませんでした。

もうずいぶん昔のように感じつつありますが、それでも大切な経験をしたので、レースレポートを続けます。「長い」レポートを読んでくださっている皆様、ありがとうございます。

アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン(スイム・はったりはなしよ編)

このブログにも書いたが、レース1週間前に水温によってはウェット着用禁止と発表になった。ただ、世界選手権や表彰を狙わない選手は着てもよい。だから、私は当然着ても一向に構わない。というよりも、普通、着るだろう。

しかし、私には昔から、自分でも理解不能な、極めて不可解な正義感が時折頭をもたげることがある。

とにかく発表が急だった。私は三種目の中ではスイムが一番まともだ。でも、じゃあ、スイムがとびきり速いかと言うとそうではないが。でも、ランが得意でスイムが一番苦手な選手が水着で泳ぐとしたら、、私も水着で泳がなきゃ申し訳ないんじゃないか、という今考えても不思議な理屈で、水着で泳ぐことにした。

しかし、そうすると周りの選手は、私が世界選手権を狙うレベルの選手だと誤解をするだろう。その視線に耐えられるだろうか。

「いえ~、水着で泳がなきゃ悪いような気がして、でも、きっとこの大会で一番のへっぽこなんですよ~。」といちいち説明するわけにもいかない。説明しても理解してもらえないだろう。

そこで決めた。

ここは、はったりでいこう。

私を知る人は「なんで水着着てるの?」と思うだろう。でも、そのほかの1000人近い選手は私を知らない。

だから、強気で浜辺に立てばよいのだ。真実が明らかになるのは8時間も後だ。

そうだ、そしたら、トライアスロン会場では見たことがないけど、競泳選手みたいにスタート前に、腕や腿をぺちぺち叩いて筋肉に刺激入れちゃおうかな。スタート台もないんだけど、ぴょんぴょんその場ジャンプもしちゃおうかな。でもそれは砂場でやるとめり込みそうだからやめようかな。

よし、決めた。そうしよう。

ところが、前日の競技説明会で水温24.1度と発表があった。1日で海水温が急激に上がるわけはない。ウェット着用可になると判断し、残念ながら私の一世一代のはったり計画は日の目を見ることはない、とその時点で確信し、その通りになった。

結局当日の水温は24.5度。競技本部の前の白板にウェット着用可と書いてあるのを確かめる。

駐車場への道が混んでいて、最終的に停めたところがひどく遠かったため、ゆとりを持って支度ができるはずが、思いがけずバタバタした。

ようやく入水チェックを済ませ、りんくうビーチに出るがコースが良く分からない。何度も係員やマーシャルの人に確認し、「分かりにくいので放送してください」とお願いする。

私は最終の第五ウェーブだったが、前のウェーブの選手がかなり流されているのがわかる。そのためいつも以上にヘッドアップして目標物を確認しながら泳ぐ。

そのおかげか、第三ポイントまではかなり順調に泳げた。海に朝陽が映り、きれいだなあ、と思うゆとりもあった。

しかし、第三ポイントからフィニッシュゲートに向かう直線に入ったとき、大海原から浜辺がまったく確認できなかった。

自分の目で確認せずに泳ぐのは嫌なのでしばらく立ち泳ぎをしながら目を凝らすが、まったくわからない。「どこ?」とつぶやいたら、どこからか別の選手も「どこ?」と言っている声が聞こえた。しかたないので、生れて初めて他の選手の泳いでいる方向に向かって泳いだ。

しばらく泳いだらようやく浜辺が見えた。ほっとしたのもつかの間、ヘッドアップするごとに流されていることに気付く。

何度も何度もスイムフィニッシュゲートを確認し、ようやく到着。泳ぎ終えて時計を見たら41分45秒。40分を超えてしまったが、このコンディションではしかたないや、と思う。

でも、計測地点がどこだかわからない。小走りで浜辺からトランジットエリアに向かう途中、階段があり、そこで見事にずるっとコケた。ああ、はったり中でなくて良かった、と思って更に進む。途中マットがあり、ここが計測地点かな、と思う。

スイムが目標より数分遅れてしまったので、トランジットで「自分なりに最高に急いで」バイクに向かった。

スイム:泳いだ後にこけ、結構走ったため、結局43分14秒。
f0235925_22575114.jpg

トランジットエリア。これは前日の風景。
f0235925_2259453.jpg

りんくうビーチ。これも前日。

by trineko710 | 2010-09-26 23:03 | レースレポート | Comments(0)