これって楽しいことらしい


トライアスロンって楽しいよ、とトライアスリートに言われ真に受けた私。ホントカイ。真実を探る旅、開始!
by trineko710
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
猫またぎな母の味
at 2012-08-10 01:38
チャンネル争い
at 2012-08-07 00:35
ビフォアーアフター
at 2012-08-05 22:10
小顔報告
at 2012-07-31 23:40
三千里な旅
at 2012-07-29 23:12
明るい色
at 2012-07-28 22:56
新種の動物
at 2012-07-27 00:41
喜びの声
at 2012-07-24 00:09
応援団
at 2012-07-22 02:17
がんばったにゃん
at 2012-07-20 00:17
五輪の奇跡
at 2012-07-19 01:02
おしゃべりなにゃん
at 2012-07-17 00:22
お久しぶりです。
at 2012-07-14 21:36
2月22日
at 2012-02-22 23:18
床男
at 2011-11-14 23:45
棚男
at 2011-10-24 23:52
丸隅
at 2011-10-13 02:56
sad face sad day
at 2011-10-07 00:38
一面
at 2011-07-19 17:00
四年に一度
at 2011-07-17 22:56
以前の記事
外部リンク
外部リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ボランティア

震災の日から4カ月経った。

あの日以来、私にとっての世の中は全く変わってしまった。今でも何も変わらないという人も多いだろう。でも、私にとっては前と後では、当たり前に思っていることがまったく変わってしまった。

この四ヶ月間でいろいろな感情を経験した。継続的に感じ続けている気持ちもある。少し癒されて楽になった気持ちもある。

昨日、初めて震災関係のボランティアに行った。津波で流されて、まだ持ち主が分からない大量の写真を洗浄し、乾かしてミニアルバムに入れ替えるという作業だ。

このボランティアを知ったとき、心底嬉しかった。作業は東京で行われるのだ。私も行ける。ようやくこれで何かできる。少しでも役に立てる。そう思った。

行動力のある私の友人は何名も現地に赴いて、がれきの処理をした。物資を運んでいる友人もいる。でも、私のしたことは微々たる義援金を送り、後は、被災地のことを考えるだけ。何とも言えない無力感に襲われていた。それが、震災後の気持ちの一つだ。

だから、何かできる、と思ったときに気持ちが楽になった。だから、このボランティアの機会を与えられて、心からありがたかった。だから、このボランティアは自分を助けるボランティアだった。

ずっと感じ続けていた無力感がほんの少しだけ軽くなった。
f0235925_201891.jpg


by trineko710 | 2011-07-12 02:01 | 日常
<< 四年に一度 更新 >>