これって楽しいことらしい


トライアスロンって楽しいよ、とトライアスリートに言われ真に受けた私。ホントカイ。真実を探る旅、開始!
by trineko710
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
お空の子
at 2017-10-07 23:19
猫またぎな母の味
at 2012-08-10 01:38
チャンネル争い
at 2012-08-07 00:35
ビフォアーアフター
at 2012-08-05 22:10
小顔報告
at 2012-07-31 23:40
三千里な旅
at 2012-07-29 23:12
明るい色
at 2012-07-28 22:56
新種の動物
at 2012-07-27 00:41
喜びの声
at 2012-07-24 00:09
応援団
at 2012-07-22 02:17
がんばったにゃん
at 2012-07-20 00:17
五輪の奇跡
at 2012-07-19 01:02
おしゃべりなにゃん
at 2012-07-17 00:22
お久しぶりです。
at 2012-07-14 21:36
2月22日
at 2012-02-22 23:18
床男
at 2011-11-14 23:45
棚男
at 2011-10-24 23:52
丸隅
at 2011-10-13 02:56
sad face sad day
at 2011-10-07 00:38
一面
at 2011-07-19 17:00
以前の記事
外部リンク
外部リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ボランティア

震災の日から4カ月経った。

あの日以来、私にとっての世の中は全く変わってしまった。今でも何も変わらないという人も多いだろう。でも、私にとっては前と後では、当たり前に思っていることがまったく変わってしまった。

この四ヶ月間でいろいろな感情を経験した。継続的に感じ続けている気持ちもある。少し癒されて楽になった気持ちもある。

昨日、初めて震災関係のボランティアに行った。津波で流されて、まだ持ち主が分からない大量の写真を洗浄し、乾かしてミニアルバムに入れ替えるという作業だ。

このボランティアを知ったとき、心底嬉しかった。作業は東京で行われるのだ。私も行ける。ようやくこれで何かできる。少しでも役に立てる。そう思った。

行動力のある私の友人は何名も現地に赴いて、がれきの処理をした。物資を運んでいる友人もいる。でも、私のしたことは微々たる義援金を送り、後は、被災地のことを考えるだけ。何とも言えない無力感に襲われていた。それが、震災後の気持ちの一つだ。

だから、何かできる、と思ったときに気持ちが楽になった。だから、このボランティアの機会を与えられて、心からありがたかった。だから、このボランティアは自分を助けるボランティアだった。

ずっと感じ続けていた無力感がほんの少しだけ軽くなった。
f0235925_201891.jpg


by trineko710 | 2011-07-12 02:01 | 日常 | Comments(5)
Commented by もなみ at 2011-07-12 22:43 x
トライちゃん こんにちは。
すごい すごいよ トライちゃん。
やっぱ、やらなきゃわからないこと いっぱいあるよね。
尊敬します。
Commented by 仲山利明 at 2011-07-13 04:42 x
少し元気が出てきたようでよかったですが、膨張問題とトライアスロンはどうなってますか?
Commented by trineko710 at 2011-07-14 01:46
>もなみさま

すごくないの。全然。私の友達に、本当に尊敬に値する人、たくさんいるんだ・・・。でも、やってよかったです。いろいろ考えました。

>仲山利明さま

良い質問です。
うっ(答えに詰まる音)。
良いニュース→さらなる膨張方向への歯止めをかけることには成功。トライアスロンは、基礎体力回復のため、歩くようなジョギング開始。
悪いニュース→・・・縮小のスピードが遅い・・・。
Commented by 平野由紀子 at 2011-07-19 22:20 x
そんなお手伝いもあるのですね。言い訳ばかりしていないで、もっと探そうと思います。
Commented by trineko710 at 2011-08-05 16:37
>平野由起子さま

返信遅くなってごめんなさい・・・。
実はずーっと考えていました。
私も、やりたいことと、やったことは違うのです。
やりたいことは、本当は、被災地で飼い主を失った猫や飼い主が換えなくなった猫を引き取りたいんです。でも、太郎が居なくなった今でも5匹も居るし、東京で大きな地震があり、私自身が被災者になったときに、これ以上増えたらどうにもならないし・・・、と我慢してるんです。
そんなことを考えていたものだから、本当に、自分にできることを見つけるのって、難しいな、と思っています。
でも、祈るだけでも良いとも思うのです。忘れないで、祈り続けることも大事ですよね・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 四年に一度 更新 >>